手堅く資産を構築【不動産投資で失敗しない方法を模索】

男女

保証人になってくれる

積み木

投資用物件を運営すると、あらゆる入居希望者が現れます。働き盛りの社会人は勿論、年金暮らしの高齢者や訪日外国人に至るまで、あらゆるタイプの人が物件を求めてきます。また、入居希望者の中には、契約の際に連帯保証人の名前が記載できない人も出てきます。そうなると、入居審査の際に、引っかかってしまい物件の一室を貸し出せなくなってしまいます。そんな入居希望者を取りこぼしたくないなら、家賃債務保証を利用するのはいかがでしょうか。連帯保証人の名前欄に、入居希望者の家族や親族に代わって名前を記載できるので、入居のための審査をパスしやすくなります。万が一、未払いを引き起こしても、代わりに家賃債務保証会社が保証をしてくれるので、毎月の収益に影響を及ぼしにくくなります。

投資用物件で、毎月安定した家賃収入を得られる体制を整えたい場合、家賃債務保証会社が頼りになります。会社が行なってくれるのは、単純な連帯保証人名記入や未払い分の家賃保証をしてくれるだけではありません。オーナーに代わって、家賃未払いを引き起こした入居者に催促をしてくれます。オーナー自身でやってしまうと、入居者と気まずい関係に陥ってしまいます。そんな催促活動を代行してくれるのはありがたいですね。頼りになる存在である家賃債務保証会社を選ぶなら、まず良心的な対応をしてくれるかを見極める必要があります。未払いを引き起こした入居者に対して圧迫な対応をしないかを調べてから利用しましょう。